東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

習氏後継候補入らず 中国共産党 最高指導部7人選出

写真

 【北京=秦淳哉】中国共産党は二十五日に北京で開いた第十九期中央委員会第一回全体会議(一中全会)で、習近平(しゅうきんぺい)総書記(64)=国家主席=をトップとする新たな最高指導部の政治局常務委員七人を選出。五十歳代の若手指導者は起用されず、習氏の後継候補は決まらなかった。習氏は、三期目続投や院政を敷く可能性を含め長期政権を見据えた布陣で、二期目(五年)をスタートさせた。 

 次世代のリーダー候補とされる胡春華(こしゅんか)・広東省党委書記(54)と、浙江省時代に習氏の部下だった陳敏爾(ちんびんじ)・重慶市党委書記(57)は常務委員昇格が見送られ、「ポスト習」の有力候補は指導部入りしなかった。習氏が、過去に毛沢東(もうたくとう)が就いていた「党主席」ポストの復活を目指すとの見方も強まりそうだ。

 共産党には「六十八歳定年」の慣例があり、国家主席の任期は二期(十年)。二〇二二年の次期党大会で習氏の後継者を常務委員の中から選ぶとすれば、今回五十七歳以下で常務委員に昇格する必要があった。

 常務委員はこれまでと同じ七人を維持。習氏と李克強(りこくきょう)首相(62)は留任した。

 習氏の側近の栗戦書(りつせんしょ)・党中央弁公庁主任(67)、経済通として知られる汪洋(おうよう)副首相(62)、最高指導者のブレーン役を務める王滬寧(おうこねい)・党中央政策研究室主任(62)が今回、常務委員入りし、王氏は党中央書記局常務書記に就いた。

 「反腐敗」運動を指揮した習氏の盟友で、退任した王岐山(おうきざん)・党中央規律検査委員会書記(69)の後任には、趙楽際(ちょうらくさい)・党中央組織部長(60)が常務委員に昇格して就任した。韓正(かんせい)・上海市党委書記(63)も昇格した。

 来春には、栗氏は全国人民代表大会(全人代)常務委員長、汪氏は人民政治協商会議主席、韓氏は筆頭副首相に就任する見通し。

 新常務委員五人のうち、栗、趙の両氏は習氏に近い。汪、韓、王の三氏も習氏との関係は良好で、旧指導部に比べ習氏「一強体制」を支える体制が格段に強まった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報