東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

NY車突入テロ 8人死亡 ウズベク出身の男拘束

10月31日、米ニューヨーク・マンハッタンで、自転車道に突っ込んだとみられる車を調べる警察官=ロイター・共同

写真

 【ニューヨーク=赤川肇】米ニューヨーク中心部で三十一日午後三時(日本時間一日午前四時)ごろ、ピックアップトラック一台が自転車専用路に突っ込み、ニューヨーク市警によると少なくとも八人が死亡、子どもを含む十人以上が負傷した。警察はトラックを運転していた男(29)を拘束。米連邦捜査局(FBI)や市警はテロ事件とみて捜査している。 

 米CNNテレビによると、男はウズベキスタン出身のサイフロ・サイポフ容疑者で、二〇一〇年に米国に入国。車内から、過激派組織「イスラム国」(IS)に共鳴した犯行であることを示すメモが見つかった。男がアラビア語で「神は偉大だ」と叫んでいたとの目撃情報もある。

 市警によると、トラックは自転車に乗った人や歩行者をはねながら自転車専用路を一・五キロにわたり南に暴走し、通学バスに衝突。男はトラックから降りて二丁の銃らしきものを振り回し、駆けつけた警察官に腹部を撃たれた。CNNによると、トラックはホームセンターの貸し出し用で、事件当日に東部ニュージャージー州で借りられたとみられる。

写真

 捜査当局はISの関与に言及していないが、トランプ米大統領はツイッターに「とても病んで狂った人間の犯行のようだ」「ISが米国に戻ることも入国も許してはならない」と投稿。国土安全保障省に入国審査の強化を指示したことを明らかにした。ニューヨーク市のデブラシオ市長は「罪のない市民を狙った卑劣なテロ行為だ」と指摘した。

 在ニューヨーク日本総領事館によると、日本人が巻き込まれたとの情報は入っていない。現場は、マンハッタン南西部のトライベッカと呼ばれる地区で、二〇〇一年九月の中枢同時テロの現場から数百メートルと近い。

 ニューヨーク中心部では今年五月、タイムズスクエアで乗用車が歩道に突っ込み、女性(18)が死亡、二十人以上が重軽傷を負い、元米兵の男が殺人容疑で訴追された。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報