東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

NY車突入「数週間かけテロ計画」

 【ニューヨーク=赤川肇】米ニューヨーク・マンハッタンで八人が死亡した車両突入テロで、捜査当局は一日、現場で拘束したウズベキスタン出身のサイフロ・サイポフ容疑者(29)をテロ組織支援などの容疑で訴追した。ニューヨーク市警は、容疑者が数週間前からテロを計画し、過激派組織「イスラム国」(IS)がソーシャルメディアで公開している襲撃方法に従って犯行に及んだ疑いがあるとの見方を明らかにした。

 連邦捜査局(FBI)は事件との関連で、別のウズベキスタン国籍の男(32)の氏名や写真を公開し情報提供を呼びかけたが、事件との具体的な関係は不明。

 トランプ米大統領は一日、サイポフ容疑者を「野獣」と呼び、キューバ東部グアンタナモの米海軍基地にある「テロ容疑者」の収容施設に送ることを検討していると語った。

 市警によると、犯行に使われたトラックの車内に残っていたノートには「ISは永久に生き続ける」という趣旨のアラビア語の文言が手書きで記されていた。現場からは、容疑者が持っていた二丁の模造銃のほかに複数のナイフも見つかったという。

 ロイター通信によると、サイポフ容疑者はニューヨークの別の場所にあるブルックリン橋でも襲撃を計画していたと供述している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報