東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

韓国が対北独自制裁 文氏、あすトランプ氏と会談

 【ソウル=上野実輝彦】韓国政府は六日、北朝鮮への独自の経済制裁を実施し、北朝鮮の金融機関関係者十八人を制裁対象に追加したと明らかにした。トランプ米大統領の訪韓を翌日に控え、対北圧力を強める米国との連携をアピールする狙いとみられる。

 韓国外務省によると、制裁対象になるのは中国やロシアなどにある北朝鮮系列の銀行の代表ら十八人。弾道ミサイルなど武器開発の資金調達に関与したとされ、これらの人物との金融取引を禁止した。この十八人については米国も九月、制裁対象に加えていた。

 五月に発足した文在寅(ムンジェイン)政権が、独自の経済制裁を実施したのは初めて。北朝鮮による海外資金調達を遮断するとともに、米国との共同歩調を強調する狙いがある。

 しかし、韓国は二〇一〇年から北朝鮮との貿易を全面禁止し、既に実質的な取引は行っていないため、今回の制裁は象徴的な措置にすぎないとの指摘もある。

 トランプ氏は七日に韓国で文氏と会談し、共同声明を発表する予定。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報