東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米2州知事選 民主が勝利

 【ワシントン=共同】米南部バージニア州知事選の投開票が七日実施され、民主党のラルフ・ノーサム副知事が“トランプ流”選挙戦を展開したエド・ギレスピー元共和党全国委員長を大差で破った。来年の中間選挙まで一年を切る中、米社会の分断をあおると批判を浴びてきたトランプ大統領への審判とも見なされる選挙に注目が集まっていた。

 昨年の大統領選で激戦州の一つだったバージニアでは、民主党のクリントン氏が5ポイント以上の差で勝利。知事選でも当初、ノーサム氏優勢だったが、厳格な不法移民対策を掲げるギレスピー氏がノーサム氏の“弱腰”を中傷するCMを放映するなどして急迫していた。米メディアによると、開票率99%の段階でノーサム氏が8ポイント以上の差をつけている。

 来年の中間選挙の前哨戦となっていた。

 アジア歴訪中のトランプ氏は七日のツイッターでノーサム氏を批判する投稿を連発し「エドを選べば犯罪は減り、経済は好転する」と呼び掛けていた。民主党もオバマ前大統領が応援演説に駆け付けた。

 東部ニュージャージー州知事選も七日実施され、民主党候補が勝利を確実にした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報