東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

「独立宣言は無効」 スペイン憲法裁判決 州議会決議も

 【パリ=竹田佳彦】スペイン北東部カタルーニャ自治州の独立問題で八日、スペインの憲法裁判所は、州議会が十月二十七日に採択した独立宣言は無効との判決を出した。宣言の前提とされた十月の住民投票も、憲法違反としていた。

 AFP通信によると、憲法裁の広報官は「独立宣言は無効で憲法違反だと宣告された」と述べた。分離独立をけん引した州議会の決議と採決も無効とした。

 一方、独立支持派の市民団体から支援を受けた労働組合が、中央政府に抗議し、各地でストライキやデモを実施。高速道路や幹線道路が閉鎖されるなど、交通網が混乱した。

 AFP通信によると、参加者は高速道路五十カ所以上のほか、幹線道路も封鎖。各地で渋滞が発生した。一部の参加者が線路に入り込むなどして、州都バルセロナからフランス中東部の都市リヨンへ向かう高速鉄道TGVも引き返した。

 労働組合は、州内企業の州外移転を容易にするために公布した政令と雇用の不安定化に抗議。バルセロナ市中心部では、逮捕されている独立派市民団体幹部の解放も要求した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報