東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

原子力空母3隻同時参加 米韓が軍事訓練開始

 【ソウル=上野実輝彦】米韓両国軍は十一日、朝鮮半島周辺の日本海で、合同の軍事訓練を開始した。米軍の原子力空母三隻も同時に参加し、北朝鮮に対して核・ミサイル開発を中断するよう強い圧力をかけるのが狙いだ。

 訓練は十四日までで、参加する原子力空母は「ロナルド・レーガン」「ニミッツ」「セオドア・ルーズベルト」。原子力空母三隻が同時に投入されるのは、二〇〇七年のグアム沖での訓練以来で、韓国軍が参加するのは初めてになる。

 訓練には米韓のイージス艦や、空母搭載の戦闘機などが参加。対空防御や海上監視、戦闘機の離着陸などを行う見通しだ。

 トランプ米大統領は訪韓中の七日、文在寅(ムンジェイン)大統領と会談後の記者会見で、原子力空母三隻を朝鮮半島周辺に派遣したことを明かし「実際に使用することがないように望む」と北朝鮮をけん制。一方で、「米国は比類なき軍事力を使用する準備を整え、必要な時に行使する」とも述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報