東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北「米は妄言並べた」 トランプ氏の韓国演説受け

 【北京=城内康伸】朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省報道官は十一日、談話を出し、トランプ米大統領がアジア歴訪中に「われわれの思想と制度を全面否定する妄言を並べ立て、わが国を悪魔のように表現した」と強く反発。「核武力完成に向け、さらに疾走するようになる」と述べ、核・ミサイル開発を加速させる姿勢を強調した。北朝鮮がトランプ氏のアジア歴訪に反応したのは初めて。

 トランプ氏が八日に韓国国会で行った演説で、北朝鮮の人権侵害を指摘し、北朝鮮を「地獄」、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長を「残酷な独裁者」などと糾弾したことについて、談話は「妄言を並べ立て、わが政府と人民を引き離し、わが国と国際社会を対立させようとした」と非難した。

 トランプ氏のアジア歴訪を「共和国(北朝鮮)の自衛的核抑制力を奪おうとする対決行脚」と批判。「米国と実質的な力の均衡を成し遂げ、われわれの自主権と生存権、発展権を守るのがわが国の立場だ」と主張した。

 米軍は十一日から空母三隻を投入して軍事演習を開始し、北朝鮮への圧力を強めており、北朝鮮はトランプ政権に対する反発をさらに強めるとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報