東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北朝鮮兵士が亡命 板門店 逃走時銃撃受け負傷

写真

 【ソウル=境田未緒】韓国軍合同参謀本部は十三日、北朝鮮との軍事境界線上にある板門店(パンムンジョム)で北朝鮮軍兵士一人が韓国側に亡命したと発表した。兵士は亡命の際に北朝鮮軍の銃撃を受けて肩や腕を負傷し、韓国軍が身柄を確保して治療のため病院に搬送した。

 合同参謀本部によると、同日午後三時半ごろ、板門店内の北朝鮮側の施設「板門閣」の前方に位置する北朝鮮軍の哨戒所から、韓国側の「自由の家」に向かって兵士が逃走したという。北側から数発の銃声が聞こえたため警戒態勢を強めていたところ、軍事境界線から韓国側に五十メートルほどの地点で、血を流した兵士が倒れていた。韓国軍は北朝鮮軍の挑発に備えて警戒態勢を強化している。

 板門店は東西八百メートル、南北四百メートルの区域。軍事停戦委員会本会議場などがあり、南北当局間の会談や連絡に使用される。南北双方と国連軍の兵士が至近距離で警備に当たり、共同警備区域(JSA)とも呼ばれる。政府認定のツアーで南北双方から一般観光客が訪れることもできる。JSAでの兵士の亡命は一九九八年と二〇〇七年にもあったという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報