東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

サッカー ベルギー対日本 対テロ当局の判断待たず試合開始

 【ブリュッセル=共同】ベルギー北西部ブリュージュでサッカー日本代表とベルギー代表の国際親善試合を狙うテロ情報があった問題を巡り、地元紙ルソワール電子版は十五日、対テロ当局から攻撃実行の可能性は低いとの分析結果が伝えられる前に、主催者は試合開始を決めたと報じた。見切り発車的な運営は議論を呼びそうだ。

 ベルギー警察が電話盗聴でテロ計画の情報をつかみ、ブリュージュの警察に伝えたのは試合開始三時間余り前の十四日午後五時半ごろで「信頼できる」情報だったという。

 しかし対テロ当局の「危険度は低い」との分析結果はキックオフまでに主催者に届かなかった。

 主催者はブリュージュ市長と対応を協議。地元警察幹部によると、テロの可能性は一般向けに警告しないが、警備を強化し開催を決めた。

 市長はこの措置について、警備強化で危険はなくなると判断したことに加え「普通に暮らしたかった」からだと話した。

 同紙は、入場ゲートに金属探知機や爆発物探知犬が配置されたと報道。ただ共同通信記者が日本サポーター側から入場した際、こうした措置は取られていなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報