東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ダビンチ幻の「救世主」 508億円 史上最高額で落札

レオナルド・ダビンチの油絵「サルバトール・ムンディ」=クリスティーズ提供・共同

写真

 【ニューヨーク=共同】イタリア・ルネサンス期の巨匠レオナルド・ダビンチがキリストを描いた油絵が十五日午後(日本時間十六日午前)、米ニューヨークで競売に掛けられ、手数料と合わせ約四億五千万ドル(約五百八億円)で落札された。主催した競売大手クリスティーズによると、美術品としては史上最高の落札額。

 二十枚もない現存するダビンチの絵画のうち唯一の個人所有で、長年行方不明になっていたため「幻の作品」として注目を集めていた。

 主催する競売会社クリスティーズは落札価格を一億ドル(約百十三億円)前後と予想していた。落札者は明らかにされていない。

 油絵「サルバトール・ムンディ」(「救世主」、縦約六十五センチ、横約四十五センチ)は一五〇〇年ごろに制作された。青い服をまとって右手を軽く上げ、左手に水晶玉を持ったキリストの上半身が描かれている。

 同社によると、十七世紀に英国王チャールズ一世が所有していたが、その後、所在が分からなくなった。二〇〇五年に再び存在が確認されてダビンチの作品と鑑定され、一一年にロンドンのナショナルギャラリーで展示され大きな話題となった。この作品を除くダビンチの絵画はいずれも各地の美術館に所蔵されている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報