東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

独、3党連立協議決裂 少数与党か再選挙か

メルケル首相=ロイター・共同

写真

 【ベルリン=共同】九月のドイツ総選挙で第一党を維持したメルケル首相率いる保守、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が、環境政党などとの三党連立政権樹立を目指した協議が十九日決裂した。メルケル氏が記者会見して明らかにした。過半数を占める政権の樹立が困難になり、少数与党による政権運営か、解散し再選挙実施に追い込まれる可能性がある。

 メルケル氏は「欧州の盟主」とされ、英国の離脱決定で揺れる欧州連合(EU)で絶大な影響力を誇ってきた。連立協議の決裂で権力基盤は大きく揺らいでおり、ドイツは「政治空白」の長期化でEU内の指導力が低下する恐れがある。

 メルケル氏は二十日にもシュタインマイヤー大統領に連立協議の決裂を報告して今後の対応を話し合う考えを示した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報