東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米大統領「最高レベル制裁科す」 北をテロ国家に再指定

 【ワシントン=石川智規】トランプ米大統領は二十日、核・ミサイル開発を進める北朝鮮を九年ぶりにテロ支援国家に再指定した。米財務省は二十一日、大規模な追加制裁を発表する方針で、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)政権が強く反発するのは必至だ。

 トランプ氏は二十日の閣議で「残忍な体制を孤立させる」と金正恩政権を強く非難。今後二週間で「最高レベルの制裁」を打ち出す方針を明らかにした。

 ティラーソン国務長官は二十日の会見で、金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄の金正男(キムジョンナム)氏が今年二月、マレーシアの空港で猛毒の神経剤VXを使い殺害されたことを再指定の理由に挙げた。米国人大学生オットー・ワームビア氏=当時(22)=が北朝鮮に約一年半拘束されて昏睡状態に陥り、今年六月の帰国直後に死亡した問題も踏まえて判断した。

 米政府は一九八七年の大韓航空機爆破事件を受け、八八年に北朝鮮をテロ支援国家に指定。経済支援や税制優遇の停止に加え、武器輸出禁止などの措置を講じたが、ブッシュ(子)政権が北朝鮮の核問題に関する六カ国協議が進展したとして二〇〇八年、指定を解除していた。

 北朝鮮はこれまで国連安全保障理事会の九度にわたる制裁決議や米政府による独自制裁が科されており、再指定による実質的な制裁効果は未知数。ティラーソン氏は「北朝鮮がいかに無法で残忍であるかを指摘するため、再指定が必要だった」と指摘し、象徴的な側面があることを認めた。

 テロ支援国家には、今回の北朝鮮のほか、シリア、イラン、スーダンの三カ国が指定されている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報