東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北兵士、軍事境界線越す 休戦協定違反 亡命兵士追いかけ

 【ソウル=境田未緒】今月十三日に北朝鮮軍の兵士が韓国との軍事境界線上にある板門店で韓国側に亡命した際、追跡した北朝鮮兵士が数秒間、境界線を越えていたことが分かった。国連軍司令部が二十二日、監視カメラの映像を公開し、明らかにした。北朝鮮側が境界線を越えて韓国側に向けて銃撃したことも判明。兵士が境界を越えたことと合わせ、いずれも朝鮮戦争の休戦協定違反になる。

 公開されたのは、十三日午後三時十分すぎに撮影された複数の監視カメラの映像。北朝鮮側からジープ型の車が猛スピードで軍事境界線近くまで走り、水路に脱輪する様子が写っていた。さらに車から降りて韓国側に向かって走る亡命兵士に対して、北朝鮮兵士四人が銃撃。うち一人が一時的に軍事境界線上にある建物の南側の端まで兵士を追い掛け、慌てて戻っていた。国連軍司令部は二十二日、板門店にあるコミュニケーションチャンネルを通して北朝鮮側に違反事項を通報した。亡命兵士は意識を回復し、担当医らと話ができるようになった。担当医は同日、「兵士は自らの意思で亡命した」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報