東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

性的少数者への抑圧 カナダ首相公式謝罪 「われわれがしたこと恥じ入る」

28日、カナダ下院でLGBTに謝罪する演説をし、涙をぬぐうトルドー首相=AdrianWyld/TheCanadianPress提供、AP・共同

写真

 【ニューヨーク=共同】カナダのトルドー首相は28日、下院で演説し、性的指向を理由に公職を追放されるなど、かつて性的少数者(LGBTなど)に対し「国家による組織的な抑圧と排斥」があったと認め、公式に謝罪した。

 トランプ米大統領が心と体の性が異なるトランスジェンダーを軍に受け入れない方針を示しているのとは対照的で、ツイッターなどでは「トランプ氏も見習うべきだ」との声が上がった。

 カナダでは1950年代から90年代にかけて多くのLGBTが公職を追われた。演説でトルドー氏が「われわれがしたことを恥じ入り、悲しみ、誠に遺憾に思う。謝罪したい」と表明すると、議場の与野党議員は総立ちとなり数分間大きな拍手を送った。

 トルドー氏は「ソーリー(申し訳ない)」という言葉を10回以上使い、目を潤ませて涙をぬぐうしぐさも見せ「カナダは世界中でLGBTの平等の権利を堂々と擁護していく」と宣言した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報