東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

イスラエル首都にエルサレム認定か トランプ氏検討、米報道

写真

 【ワシントン=後藤孝好】複数の米メディアは一日、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都として認めることを検討していると報じた。在イスラエル米大使館のエルサレム移転構想は先送りされるとみられる。五日か六日に演説して表明する見通しだ。

 実際にトランプ氏が首都と認定すれば、東エルサレムを将来の独立国家の首都と位置づけるパレスチナやアラブ諸国が反発し、中東和平交渉が一層困難になるのは確実だ。

 イスラエル寄りの外交姿勢を鮮明にするトランプ氏は昨年の大統領選で、在イスラエル米大使館をテルアビブからエルサレムへ移転すると公約。六月の段階では、中東情勢の不安定化を懸念して判断を先送りしていた。

 米議会は一九九五年に大使館の移転を定めた法案を可決。政権は半年ごとに判断を求められるが、歴代大統領は外交上などの理由で移転を延期してきた。トランプ政権内でも対話重視のティラーソン国務長官やマティス国防長官らが反対。今回も移転決定はしない代わりに、エルサレムを首都と位置付けるイスラエルの主張を認める妥協案が検討されている。

 イスラエルは一九六七年の第三次中東戦争で東エルサレムを占領し、東西を併合したエルサレムを実効支配している。国際社会はエルサレムをイスラエルの首都と認めず、日本を含む多くの国はテルアビブに大使館を置いている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報