東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

平昌五輪 ロシア除外 IOC「国が薬物違反主導」

写真

 【ローザンヌ(スイス)=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は五日、スイスのローザンヌで理事会を開き、国主導でドーピングの組織的不正があったとしてロシア・オリンピック委員会(ROC)を資格停止とし、来年二月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪から同国選手団を除外することを決めた。一方で厳しい条件をクリアして潔白を証明した選手は「ロシアからの五輪選手」として個人資格で参加を容認した。国旗や国歌の使用は認めない。

 厳しい処分に対し、ボイコットの声も出ていたロシア側の反発が予想される。ROCは十二日にも同国選手が五輪に参加するかどうかを決める見通し。処分が長引けば二〇二〇年東京五輪への影響も懸念される。

 元スイス大統領のシュミド氏が率いたIOCの調査委員会が、国ぐるみの不正システムを裏付ける物的証拠などを示した報告書を理事会に提出し、IOCは処分を決定。ROCのジューコフ会長のIOC委員資格を停止し、不正が行われた一四年ソチ冬季五輪当時のロシアのスポーツ相、ムトコ副首相を五輪から永久追放した。IOCが調査に要した費用などとしてROCに計千五百万ドル(約十七億円)の負担を求めることも決めた。

 記者会見したIOCのバッハ会長はドーピング問題について「五輪に対する前代未聞の攻撃だ」とロシアを非難し「ボイコットは何も生まない」とけん制した。

 個人資格での参加の可否は、新たな独立検査機関や世界反ドーピング機関(WADA)、IOCの代表者で構成する新設の委員会が決める。違反歴がないことや大会前の検査を受けることが条件。

 ロシアで開催されたソチ五輪を巡っては、同国による組織的な薬物投与や検体すり替えがあったとの疑惑が昨年浮上。WADAが国主導の不正を認定した。IOCは昨夏のリオデジャネイロ五輪では選手の参加可否の判断を各国際競技連盟に委ね、約二百八十人のロシア代表選手が出場した。

 ロシアはソチ五輪で金メダル十三個、メダル総数三十三個を獲得し、ともに国別でトップだったが、IOCが実施した同五輪の検体の再検査による違反者は二十五人に上り、金四、銀六、銅一のメダル剥奪が決まっている。

<ロシアのドーピング問題> 昨年7月に世界反ドーピング機関(WADA)の調査チームがロシアの国ぐるみの不正を指摘し、リオデジャネイロ五輪・パラリンピックは同国の参加を巡って大混乱となった。同12月の最終報告書は2011〜15年にパラリンピック競技を含め、1000人を超すロシア選手が組織的な隠蔽(いんぺい)に関与したり恩恵を受けたりしていたと結論付けた。国際オリンピック委員会(IOC)は14年ソチ冬季五輪の検体の再検査で25人の不正を認定。ロシア政府は一貫して関与を否定している。 (共同)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報