東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

今年の人「沈黙を破った人たち」 セクハラ被害証言者選出

毎年恒例の「パーソン・オブ・ザ・イヤー」を伝える米誌タイムの表紙=同誌提供、共同

写真

 【ニューヨーク=共同】米誌タイムは六日、毎年恒例の「パーソン・オブ・ザ・イヤー(今年の人)」に、セクハラ被害を証言する運動に加わった「沈黙を破った人たち」を選んだと発表した。この運動はツイッターで「#MeToo」(「私も」の意味)のハッシュタグ(検索目印)を付けた書き込みに代表される。

 米ハリウッド映画界の大物プロデューサーのセクハラ疑惑発覚を機に、欧米をはじめとした国々で自らの被害体験を証言する動きが広がっている。

 同誌は選出理由について、これまで「公然の秘密」だったセクハラ被害の実態を公にしたことを挙げた。「今年の人」の二位以下には、米国のトランプ大統領、中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長らを選んだ。

 「今年の人」は特定の人物を選ぶことが多いが、不特定多数が対象となることもある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報