東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北、米の敵視政策批判 国連事務次長の訪朝終了

 【北京=城内康伸】北朝鮮を訪問していた国連のフェルトマン事務次長(政治局長)は九日、訪問日程を終え帰途に就いた。朝鮮中央通信は同日、北朝鮮側がフェルトマン氏との会談で、「朝鮮半島情勢が今日の状況に至ったのは、全面的に米国の敵視政策と核による脅しが原因だ」と米国を批判したと伝えた。

 朝鮮半島情勢の緊張が高まる中で、フェルトマン氏の訪朝には、対話の雰囲気づくりに向けた国連の仲介役が期待された。しかし、北朝鮮側が従来の主張を繰り返したことで、局面打開に直ちにつながる進展はなかったとみられる。

 フェルトマン氏は北朝鮮の招きで五日に訪朝。六日に朴明国(パクミョングク)外務次官、七日に李容浩(リヨンホ)外相と会談した。

 北朝鮮側は、米韓空軍が四日から八日まで行った過去最大規模の合同訓練について「共和国(北朝鮮)を不意に核で先制攻撃するという企図をさらけ出している」と非難。フェルトマン氏は「情勢の激化に憂慮を示し、緊張緩和に尽くす用意があると表明した」という。

 同通信は、フェルトマン氏が「制裁が国連の人道協力に否定的影響を及ぼしているとの認識を示した」と強調しており、制裁の不当性を訴える北朝鮮側は、自国に都合の良い発言を引き出した。また、北朝鮮と国連の間で「さまざまなレベルでの往来を通じた意思疎通を定例化することで合意した」とも伝えた。

 一方、同通信など北朝鮮メディアは九日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が、北朝鮮で「革命の聖山」と位置付ける中国との国境地帯にある白頭山(ペクトゥサン)に登り、「国家核武力完成の歴史的大業を成し遂げた激動の日々を振り返った」と報じた。

 十一月二十九日に行われた大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星15」の発射実験の「成功」を正恩氏の業績とアピールし、一層の権威付けを図る狙いとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報