東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

ガザ空爆2人死亡 イスラエル軍報復攻撃

9日、パレスチナ自治区ガザで、イスラエル軍が報復空爆で破壊したハマスの軍事施設の跡=ロイター・共同

写真

 【エルサレム=奥田哲平】トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの「首都」と認めたことを巡り、パレスチナ自治区ガザなどで八日、抗議活動が相次ぎ、イスラエル軍との衝突で二人が死亡した。また、ロイター通信などによると、イスラエル軍が八日夜から九日未明にかけ、ガザにあるイスラム主義組織ハマスの武器工場など関連施設四カ所を空爆し、二人が死亡し、子どもを含む多数が負傷した。トランプ氏による首都認定後、死者は計四人に上り、緊迫した状態が続いている。

 空爆は八日夜にガザからロケット弾がイスラエル領内に発射されたことへの報復。ロケット弾は、一発がイスラエル南部スデロトに着弾したが、負傷者は出ていない。自治政府のアッバス議長率いるファタハ系の武装組織が関与を認める声明を出した。ロケット弾が撃ち込まれるのは二日連続。ガザを実効支配するハマスの指導者ハニヤ氏は八日、抗議のデモを続けるよう呼び掛けた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報