東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

NYで爆発テロか 容疑者拘束 3人負傷

写真

 【ニューヨーク=赤川肇】米ニューヨーク・マンハッタンのバスターミナル「ポートオーソリティー」の地下通路で十一日午前七時半(日本時間同日午後九時半)ごろ、爆発があり、容疑者とみられる男を含む四人が負傷した。いずれも命に別条はない。警察当局によると、拘束された男は自分の身体に手製の爆発物を巻き付けていた。デブラシオ市長は男がテロを企てたとの見方を示した。

 ニューヨーク市警によると、男はアカエド・ウラー容疑者(27)。AP通信が伝えた当局者の話によると、容疑者はニューヨーク・ブルックリン地区在住で、過激派組織「イスラム国」(IS)に触発されて犯行に及んだが、直接のつながりはないもよう。米NBCテレビはバングラデシュ移民と報じた。

 ポートオーソリティーはタイムズスクエアにも近い繁華街にあり、平日の利用者は二十二万人に上る。現場付近を通る複数の地下鉄が運行を見合わせるなど、大きな影響が出ている。

 マンハッタンでは十月、ウズベキスタン出身の男(29)=殺人罪などで起訴=がピックアップトラックで自転車専用路に突っ込み、八人が死亡するテロ事件があり、男はソーシャルメディアを通じてISに感化されて犯行に及んだとされる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報