東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

「被害者と意思疎通不足」 慰安婦合意検証で韓国外相

 【ソウル=共同】韓国の康京和(カンギョンファ)外相は二十六日記者会見し、二十七日に発表される慰安婦問題を巡る二〇一五年の日韓合意の検証結果について「合意まで被害者との意思疎通が相当に不足していたという結論になった」と述べた。合意を維持するかどうかは、被害者や支援団体などの意見を聴きながら決めるとし、決定までは時間がかかるとの考えを示した。

 韓国は安倍晋三首相に来年二月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪への出席を要請しており、日本側を刺激するのを避けるため政府対応の決定を大会後まで先送りするとみられている。ただ、日本政府は一貫して合意の履行を求めており、韓国側の対応次第では日韓関係が悪化する可能性もある。

 韓国外務省は合意に「被害者の意見が反映されていない」として、七月に外交専門家ら九人でつくる作業部会を発足させて経緯を検証してきた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報