東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米、北高官2人に制裁 核・ミサイル開発に関与

 【ワシントン=後藤孝好】トランプ米政権は二十六日、北朝鮮の核・ミサイル問題に関し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)開発で重要な役割を担っている北朝鮮高官二人を米独自の経済制裁の対象に追加したと発表した。米国内の資産が凍結されるほか、米国人との取引が禁止される。

 制裁対象に加えたのは、朝鮮労働党軍需工業部の金正植(キムジョンシク)副部長と李炳哲(リビョンチョル)第一副部長。国連安全保障理事会が二十二日に採択した決議で二人を資産凍結などの対象に指定しており、北朝鮮への圧力を強めるトランプ政権は、安保理決議の内容を速やかに実行に移した。

 米財務省によると、金副部長は弾道ミサイルの燃料を、従来の液体燃料から、発射の兆候が発見されにくいとされる固体燃料への転換作業を担当。李第一副部長はICBMの開発作業に携わっていたという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報