東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北朝鮮船に石油移し替え 安保理決議違反 韓国が香港船摘発

 【ソウル=境田未緒】韓国政府は二十九日、韓国南部の麗水(ヨス)港を出港した香港船籍の船「ライトハウスウィンモア」が公海上で北朝鮮の船「サムジョン2号」に石油精製品を移し替えていたことを確認し、摘発したと明らかにした。北朝鮮の船との物資の受け渡しは、国連安全保障理事会の制裁決議に違反している。

 韓国外務省の当局者によると、ライトハウスは十月十一日に麗水港に入港して日本製の石油精製品を積み込み、四日後に台湾を目指して出港。しかし台湾には向かわず、十九日に東シナ海の公海上でサムジョン2号を含む四隻に石油精製品を移し替えた。北朝鮮の船には六百トンが移されたとみられている。

 移し替えを把握した韓国当局は十一月二十四日に麗水港に再入港したライトハウスを検査し留め置いた。船には中国人二十三人、ミャンマー人二人の船員が乗っていた。船は台湾に所在する会社が借りて使っているという。

 米政府は十一月、北朝鮮の船が海上で別の船に横付けし、積み荷を移し替えている様子をとらえた衛星写真を公開している。韓国外務省当局者は「北朝鮮が違法なネットワークを利用して国連制裁を巧妙に逃れている代表的な事例」と話している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報