東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

長崎の被爆写真 配布を ローマ法王、核廃絶呼び掛け

ローマ法王フランシスコが印刷して広めるよう指示した「焼き場に立つ少年」の写真=バチカン提供・共同

写真

 【ローマ=共同】ローマ法王フランシスコは、原爆投下後の長崎で撮影された「焼き場に立つ少年」の写真をカードに印刷し、「戦争が生み出したもの」との言葉を付けて広めるよう指示した。ローマ法王庁(バチカン)が一日までに発表した。法王はこれまでも核兵器廃絶を呼び掛けており、改めて平和を訴えた。

 カードの裏面で、亡くなった弟を背負った少年が火葬場で順番を待っているところだと説明。法王の署名とともに「かみしめて血のにじんだ唇により悲しみが表現されている」と記載されている。

 写真は一九四五年に長崎で原爆が投下された後、米軍の従軍カメラマン、故ジョー・オダネルさんが撮影した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】