東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

南北直通電話 再開 正恩氏指示で2年ぶり

これが南北直通電話 3日、板門店で、再開した南北直通電話で北朝鮮側と通話する韓国の担当者=韓国統一省提供・共同

写真

 【ソウル=上野実輝彦】韓国統一省は三日、南北軍事境界線にある板門店(パンムンジョム)の直通電話を通じ、北朝鮮と連絡を取ったと明らかにした。南北の通話は、開城(ケソン)工業団地の閉鎖に伴い二〇一六年二月に途絶して以来、約二年ぶり。これに先立ち、北朝鮮の対南窓口機関・祖国平和統一委員会の李善権(リソングォン)委員長は国営メディアを通じて声明を発表し、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が連絡再開を指示したと明らかにしていた。

 統一省によると、三日午後三時半ごろ、北朝鮮側から電話があった。通話は約二十分間で、技術的な問題がないかを確認し、南北の連絡担当者がそれぞれ名前を名乗った。午後六時七分ごろにも北朝鮮側から電話があり、同日中の連絡を終えることを確認した。

 正恩氏は「新年の辞」で対話再開に意欲を示し、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は、対話に向けた措置をとるよう関係部署に指示。韓国政府は北朝鮮の平昌(ピョンチャン)冬季五輪参加などを協議するため、九日に高官会談を開くよう北朝鮮に打診した。

 李氏の声明によると、正恩氏は、文氏の対応を「高く評価し歓迎の意を示した」という。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報