東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

<トランプ的世界>(4)ロシア 核兵器増強で米に対抗

昨年5月のモスクワでの軍事パレードで、ショイグ国防相(左)と話すプーチン大統領

写真

 「世界の人が覇権国(米国)に疲れた」

 「欧州連合(EU)は自分の意見がない」

 ロシアでは昨年十一月、下院議員が軍服姿の子どもたちと歌うネット動画が話題になった。アマチュア音楽家が作詞作曲し、タイトルは「ウラジーミル(プーチン大統領の名前)おじさん」。歌の締めくくりはこうだ。

 「最後の戦いを求められたら…、ウラジーミルおじさんと共に!」

 二〇一四年にロシアがウクライナ南部のクリミア半島を一方的に併合したウクライナ危機以降、欧米との対立が激化するロシア。トランプ米大統領という「好敵手」を得て、プーチン氏は、武力を背景にした外交手法を一層あらわにする。

 昨年十二月二十二日、国防省幹部を集めた会議では、軍事技術で世界をリードすることが「ロシアの主権、国民の安全、独立した外交を保障するためにもっとも重要だ」と明言した。

 ロシアとの関係改善を掲げたトランプ氏の就任を控えた一年前の期待感はしぼんでいる。ロシアによる米大統領選の介入疑惑を追及する米議会の圧力を受け、トランプ政権は昨夏、ロシアへの制裁強化法を成立させ、むしろ米ロ関係は悪化の一途だ。

 信頼関係がないことは、武器を手にする口実になる。ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)によれば、一六年のロシアの軍事費六百九十億ドル(約七兆七千六百億円)は米国の九分の一にすぎない。物量戦ではかなわず、すがるのは核兵器だ。

 プーチン氏は昨年六月、米国を批判する中で、「小さな国々は独立と主権を守るためには核兵器を持つ以外にないと考えている」と北朝鮮の核保有を容認するかのような発言をした。自らも米国に比べれば劣ると言わんばかりに、昨年末、核兵器の八割の近代化を終えたと明らかにした。

 一方プーチン氏は、トランプ政権に対する直接的な批判は奇妙なまでに避けている。昨年十二月に発表された米国の新安全保障戦略で、ロシアが中国とともに現状に対する「修正主義勢力」と非難された際にも「『米国に有益な分野ではロシアと連携する』と前向きな内容もあった」(ペスコフ大統領報道官)と激しい反論はしなかった。

 最大の理由は、トランプ氏が掲げる自国第一主義に共鳴する部分があるからだ。政治学者のオレシキン氏は「世界には『自分たち』と『敵』しかいない、というソ連時代の外交への回帰を強めている」と分析する。

 ウクライナ東部の紛争も、クリミア半島の併合も、米国が介入さえしなければいい−。互いの勢力圏を荒らさない世界の実現を、ロシアは思い描く。 (モスクワ・栗田晃、写真も)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報