東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

中国、北朝鮮へ原油輸出制限 国連制裁決議受け初

 【北京=秦淳哉】中国商務省は五日、北朝鮮への原油輸出の上限を年間四百万バレルとする公告を関係機関に通知した。昨年十二月に採択された国連安全保障理事会の制裁決議を受けた措置で、石油精製品の上限も五十万バレルとする。六日から効力が生じる。中国が原油供給を制限するのは初めて。

 国連決議後も、中国と関係のある船舶が監視の目が届きにくい海上で石油などの禁輸品を船から船に密貿易していると批判されており、中国には制裁決議の履行をアピールする狙いがあるとみられる。

 商務省は北朝鮮への禁輸品目として鉄などの金属、工業機械、輸送車両などを追加。軍事転用を警戒しているもようだ。北朝鮮からの禁輸品には農産物、石材、木材、機械、電気設備、船舶などが加えられた。

 国連安保理は昨年十二月、北朝鮮への石油精製品の輸出を約九割削減する決議を全会一致で採択。現状年間四百五十万バレルと推計される石油精製品の輸出を五十万バレルに制限していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報