東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

南北会談に統一相ら 韓国、北に代表団案提示

 【ソウル=上野実輝彦】韓国と北朝鮮は六日、南北軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)の直通電話を通じ、九日に開かれる南北高官会談に向けた実務協議を始め、韓国側は趙明均(チョミョンギュン)統一相を首席とする政府高官計五人で構成する代表団の派遣案を北朝鮮側に提示した。

 統一省によると、代表団には趙氏のほか統一省次官や、平昌(ピョンチャン)冬季五輪を所管する文化体育観光省の次官らが加わる。韓国側が六日午後、北朝鮮側に通知した。

 統一省のトップと次官が同じ代表団に入った前例はないとされ、聯合ニュースは「代表団の『格』を最大限に高めた。文在寅(ムンジェイン)政権が会談の重要性を考慮したようだ」と報じた。

 提案に対し、北朝鮮からの回答は現段階ではないが、この案が受け入れられれば、北朝鮮側の首席代表は対韓国窓口機関・祖国平和統一委員会の李善権(リソングォン)委員長が務めるとみられる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報