東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

南北議題「五輪以外も期待」 トランプ氏、会談実現自賛

 【ワシントン=後藤孝好】トランプ米大統領は六日、韓国と北朝鮮が九日に行う南北高官級会談について、平昌五輪への参加問題以外の幅広い話題について協議が行われることに期待を表明した。また北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との電話協議の可能性について状況次第では行う考えがあるとの立場を示した。

 首都ワシントン近郊の東部メリーランド州にある大統領山荘キャンプデービッドで、記者団の質問に答えた。トランプ氏は、南北会談について「大きな始まりだ。五輪以外の話し合いに進むことを期待する」と指摘。「適切な時期にわれわれも関与する。何らかの成果が出れば、人類や世界にとって素晴らしいことだ」と朝鮮半島の非核化の実現に向けた協議の進展に期待感を示した。

 一方で「私が関わらなかったら、五輪について話し合うことはなかっただろう。韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は私にとても感謝している」と自画自賛。強硬路線で北朝鮮を対話のテーブルに着かせたと主張した。

 金委員長との直接協議についてトランプ氏は「常に対話が良いと思っている」と述べた。ただ前提条件なしで協議するかと質問され「そんなことは全く言っていない」と否定。「われわれには確固たる姿勢がある」と北朝鮮に核・ミサイルの放棄を求める方針に変わりがないことを強調した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報