東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北朝鮮が五輪参加を表明 軍当局者会談開催を合意

9日、板門店での会談で共同報道文を交換する韓国の趙明均統一相(左)と北朝鮮の李善権・祖国平和統一委員会委員長=韓国取材団・共同

写真

 【ソウル=上野実輝彦】韓国と北朝鮮は九日、南北の軍事境界線にある板門店(パンムンジョム)で、二年一カ月ぶりに南北高官会談を行った。韓国統一省によると、南北は▽平昌(ピョンチャン)冬季五輪への北朝鮮代表団の派遣▽緊張緩和に向けた軍事当局者会談の開催▽南北間の問題の当事者間による解決−に合意。さまざまな分野で会談を続けることで一致した。

 韓国の文在寅(ムンジェイン)政権下での南北会談は初めて。双方の代表団の首席代表は、韓国が趙明均(チョミョンギュン)統一相、北朝鮮は対韓国窓口機関・祖国平和統一委員会の李善権(リソングォン)委員長が務めた。

 南北が会談後に発表した「共同報道文」によると、北朝鮮は五輪に高官や選手団、応援団などを派遣することを決定。韓国が「必要な便宜」を図るとし、詳細は今後の実務者協議で決めるとした。

 また、南北が「軍事的緊張状態を緩和し、朝鮮半島の平和的環境をつくるため共に努力する」とされ、軍事当局者による会談開催に合意。「多様な分野で接触や往来、交流などを活性化し、民族の和解と団結を図る」ことでも一致した。

 一方、韓国統一省によると、韓国は二月の旧正月に合わせた南北離散家族の再会事業と、南北赤十字会談の開催も提案したが、北朝鮮は反応しなかった。

 さらに、韓国側が「緊張を高める行為の中断や朝鮮半島非核化などの諸課題を巡り、対話の早期再開が必要だ」と主張したのに対し李氏は強い不快感を表明。「私たちの核兵器は米国を狙ったもので、同じ民族を狙ったものではない」と強調した。

 統一省関係者は九日、開城(ケソン)工業団地の閉鎖と同時に途絶した韓国西部・黄海沿岸地域の南北の軍事通信網を、北朝鮮が復旧させたと明らかにした。

 会談は板門店の韓国側施設「平和の家」で開かれ、南北から五人ずつが出席した。午前十時から食事などを挟み、約十一時間にわたり断続的に協議した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】