東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

慰安婦問題「日本、心尽くし謝罪を」 韓国大統領「誤り解決必要」

10日、ソウルの韓国大統領府で行った記者会見で、質問に答える文在寅大統領=聯合・共同

写真

 【ソウル=境田未緒】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は十日、ソウルの大統領府で年頭の記者会見を開いた。慰安婦問題に関する日韓合意に関し、「韓日が公式的な合意をした事実は否定できない」と述べる一方、「日本が真実を認め、心を尽くして謝罪し、それを教訓とするときに元慰安婦も日本を許すことができ、それが完全な慰安婦問題の解決だ」との見解を示した。北朝鮮との首脳会談の可能性については「条件が整い、ある程度の成果が担保されれば、いつでも首脳会談に応じる用意がある」と語った。

 文氏は、日韓合意について「誤った問題は解決しなければならない」と指摘し、「被害者を排除して政府間で条件をやりとりする方式では問題は解決できない」と合意当時の朴槿恵(パククネ)前政権を批判。「日本に対して真実と正義の原則に立脚した解決を促していく」として、追加措置を求める可能性を示唆した。

 一方で、「日本とは心を通わせた真の友人となることを望む。歴史問題と両国間の未来志向の協力を分離する」とあらためて「ツートラック」政策を強調し、北朝鮮問題などで日本と協力する姿勢を示した。また「合意を破棄、再交渉を要求することで解決できる問題ではない」と元慰安婦や支援団体に理解を求めた。

写真

 康京和(カンギョンファ)外相は九日、二〇一五年十二月の日韓合意について再交渉などはしないと表明。日本が拠出した十億円は韓国政府が負担し、日本には「被害者の尊厳回復への努力を期待する」とする新たな方針を発表した。

 文氏は九日の南北高官会談について「米国が主導した制裁と圧迫の効果があり、南北間の対話が始まった」とトランプ米大統領を評価。「独自に対北制裁を緩和することは今は考えていない」とも述べ、「朝鮮半島の非核化は平和に向かう過程であり目標」として北朝鮮の非核化では譲歩しない姿勢を強調した。また、北朝鮮が参加を表明した平昌(ピョンチャン)冬季五輪については「南北関係改善と朝鮮半島の平和の転機としなければならない」と訴えた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報