東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

タンカー鎮火せず 日本のEEZ内に 上海沖衝突事故

10日、漂流しながら炎上するタンカーの消火作業を行う中国当局の巡視船=第10管区海上保安本部提供・共同

写真

 【上海=共同】上海の沖合で六日に貨物船と衝突して火災が発生したパナマ船籍の石油タンカーが、漂流して日本の排他的経済水域(EEZ)に入ったことが分かった。第十管区海上保安本部(鹿児島)が十一日明らかにした。中国当局がタンカーの消火作業を続けているが鎮火していない。

 中国の交通運輸省は十一日、タンカーの船首部分で十日に爆発があり、救助船などが一時退避したと発表した。現場は悪天候で、消火作業や行方不明の乗組員の捜索は難航している。

 海保によると、タンカーは十一日午前八時現在、鹿児島県・奄美大島の北西約三百十キロ付近の日本のEEZ内にある。上海沖の衝突場所から南東に約二百キロの地点。海保は中国側と連絡を取り、油の流出状況などを調べている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報