東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

「ハワイにミサイル」誤警報 住民ら騒然 訂正まで38分

 【ホノルル=共同】米ハワイで十三日、弾道ミサイルが迫っているとして、避難を呼び掛けるテキストメッセージが住民のスマートフォンなどに誤って発信された。テレビ画面にも緊急警報が流れた。米太平洋軍はその後「ミサイルは検知されていない」とする声明を発表。ハワイ州のイゲ知事は十三日、会見し、危機管理を担う州の緊急事態管理局職員が誤って警報ボタンを押したと説明し「人為的ミス」だったと謝罪した。

 米メディアによると、トランプ大統領は滞在先の南部フロリダ州で誤報に関する説明を受けた。米国で放送通信事業の規制監督を行う連邦通信委員会(FCC)のアジット・パイ委員長は事態の調査に乗り出す考えを示した。

 緊急事態管理局によると、警報は十三日午前八時七分(日本時間十四日午前三時七分)に発信。約十分後にツイッターで「ミサイルの脅威はない」と否定したが、スマホなどへの緊急メッセージでは三十八分後の八時四十五分に脅威はないと打ち消した。

 イゲ氏によると、職員は勤務時間の交代時に警報メッセージの発信ボタンを押してしまったという。

 緊急警報メッセージは日本の全国瞬時警報システム(Jアラート)に相当、津波や大雨の警報などを住民らに知らせている。この日の誤報は「これは訓練ではない」と強調していた。

 住民らは一時、パニック状態となり、当局の対応の遅さに批判が出ている。在ホノルル日本総領事館は誤警報があったとメールで注意喚起した。

 ハワイでは朝鮮半島情勢の緊張の高まりを受け、昨年十二月から月一回、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)による核攻撃を想定した警報サイレン試験を実施している。この日はサイレンの誤作動はなかった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報