東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

20カ国外相会合 北へ圧力強化確認 南北対話は歓迎

 【バンクーバー=共同】米国とカナダが共催する北朝鮮の核・ミサイル問題に関する二十カ国外相会合がカナダのバンクーバーで十六日開かれ、北朝鮮への圧力維持と強化で一致した。密輸阻止へ海上での船舶検査強化を推進する。ティラーソン米国務長官は、中国とロシアによる国連安全保障理事会制裁決議の完全履行が重要と強調した。議長総括は平昌冬季五輪を巡る韓国と北朝鮮の対話を歓迎、緊張緩和や非核化交渉の前進につながることに期待を表明した。

 会合には河野太郎外相も参加。しかし北朝鮮の密輸を放置していると指摘される中ロは出席しなかった。米政府は会合結果を両国に説明するとしているが、実効性に疑念を残した。中ロは南北の対話ムードの中での会合開催を批判した。

 ティラーソン氏は記者会見で、北朝鮮との対話が「最善のオプション」と述べ、対話には北朝鮮による挑発行為の停止が必要との認識を示した。

 会合でティラーソン氏は、朝鮮半島上空を飛行する民間機が多数に上る地図を示し「北朝鮮のミサイルがあらゆる国民に脅威を与えている」と指摘。北朝鮮を核保有国と認めず、北朝鮮の核開発と米韓合同軍事演習の同時凍結は受け入れない考えも繰り返した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報