東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

捜査協力へ バノン氏揺さぶりか ロシア疑惑 特別検察官が召喚状

 【ワシントン=石川智規】二〇一六年米大統領選へのロシア介入疑惑を捜査するモラー特別検察官が、トランプ氏元側近のバノン前首席戦略官兼上級顧問に対し、連邦大陪審での証言を求めて召喚状を出していたことが十六日分かった。米紙ニューヨーク・タイムズが報じた。

 バノン氏はトランプ政権の内幕を描いた暴露本「炎と怒り」の中で、トランプ氏の長男ジュニア氏が大統領選中にロシア人弁護士と接触したことに関し、「父親(トランプ氏)に引き合わせなかった確率はほとんどゼロ」と言及。「反逆的で非愛国的だ」などと非難しており、モラー氏側が関心を抱いているもようだ。

 同紙によると、モラー氏は先週、バノン氏に召喚状を出した。一連の捜査でトランプ氏周辺の関係者に大陪審での証言を求めるのは初めてという。

 ただ、同紙はバノン氏が実際に召喚されるかは現時点では不明としている。召喚状を出して揺さぶりをかけ、バノン氏の捜査協力を得る「交渉戦略」の可能性があるためだ。さらに、バノン氏がモラー氏の聴取に協力すれば、大陪審での証言にはこだわらないもようだとも伝えた。

 一方、バノン氏は十六日、下院情報特別委員会の非公開会合に出席した。米メディアによると、バノン氏はロシア疑惑やトランプ政権に関する質問への回答を数多く拒否したという。同委員会はあらためてバノン氏を召喚し、証言を求める構え。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報