東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

17年 世界の平均気温 2番目の高さ 3年連続高温

 【ジュネーブ=共同】世界気象機関(WMO)は十八日、二〇一七年の世界の平均気温が観測史上最高となった一六年に次いで二番目に高かったと発表した。一五年から三年連続の高温となり、WMOは「地球温暖化が長期的に進行していることを明確に示している」と警告した。

 WMOによると、一七年の平均気温は産業革命前比で一・一度上昇し、一五年と同レベル。一六年は同一・二度上昇だった。WMOは、一六年に高温をもたらす要因となった強力なエルニーニョ現象が一七年には発生しておらず「エルニーニョがなかった年としては最も高温だった」と分析した。

 地球温暖化については、観測史上、高温を記録した十八の年のうち十七が今世紀に集中していると指摘。特に最近三年間の高温は「異例」といえ、北極でも高温を観測、海面レベルや世界の気象パターンに深刻で長期的な影響を与えるだろうと説明した。

 WMOのターラス事務局長は、一七年には高温に伴い世界各地で異常気象がみられたとし、特に米国ではハリケーンが相次いで発生し「天災により最も高いコストを払った年になった」と指摘した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報