東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

CIA長官を聴取 特別検察官 FBI前長官解任巡り

 【ワシントン=石川智規】米NBCテレビは二十四日、ロシアによる二〇一六年米大統領選への介入疑惑を捜査するモラー米特別検察官の捜査チームが、ポンペオ中央情報局(CIA)長官を事情聴取したと報じた。捜査関係者の話として伝えた。トランプ大統領が昨年五月、連邦捜査局(FBI)のコミー前長官を解任した経緯など、当時の事情を知る参考人としての聴取としている。

 モラー氏側は同様に、コーツ国家情報長官とロジャーズ国家安全保障局(NSA)局長からも事情を聴いたとされる。いずれも聴取時期は明らかでない。

 ポンペオ氏らは、トランプ氏側から、コミー氏本人やFBIに捜査中止の圧力をかけるよう働き掛けられたとされる。

 NBCは、モラー氏側が今月中にバノン前首席戦略官兼上級顧問にも事情聴取を行う見通しとし、引き続きトランプ氏への聴取の可能性を探っているという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報