東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

「不時着で良かった」米海兵隊のネラー司令官 沖縄の相次ぐトラブルで

 【ワシントン=後藤孝好】米海兵隊のネラー司令官は二十五日、首都ワシントンでのシンポジウムで、米軍ヘリコプターのトラブルが沖縄県で相次いでいることを念頭に「海外での航空機の不時着のニュースが流れているが、率直に言って不時着で良かった」と述べた。

 沖縄県では二十三日に渡名喜村(となきそん)で普天間(ふてんま)飛行場(同県宜野湾(ぎのわん)市)所属の米軍AH1攻撃ヘリが不時着するなど、今月に入り不時着が三回も発生している。海兵隊トップの発言は、不安を募らせている県民の反発を招く可能性がある。

 ネラー氏は昨年から事故が後を絶たないことについて「昨年はひどい一年だった。(最も重大な)クラスAの事故が十二件あった」と指摘。最近の不時着に関しては「誰も負傷していないし、航空機も失わなかったので、心配していない」と述べ、さらなる飛行訓練が必要との認識を示した。

 統合参謀本部のマッケンジー中将も二十五日、国防総省での記者会見で「予防的な緊急着陸だ。必ずしも危険な飛行活動ではない」と強調。県民の懸念に理解を示しながらも「同盟国の日本を支援するためには訓練を続けなければならない」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報