東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北、合同行事中止通告 施設負担、K−POP流入懸念か

写真

 【ソウル=上野実輝彦】平昌(ピョンチャン)冬季五輪に合わせ金剛山(クムガンサン)で開く予定だった南北の合同文化行事について、北朝鮮は二十九日夜、北朝鮮に批判的な報道があることを理由に、取り消しを韓国に通告した。一方的な通知を繰り返す北朝鮮に、韓国政府の対応は後手に回っている。

 韓国統一省によると、北朝鮮は「韓国メディアが五輪に関する北朝鮮の措置を冒涜(ぼうとく)する世論を拡散し、内部の慶祝行事の是非にまで踏み込んだ」と指摘。韓国政府は三十日、北朝鮮に対し遺憾を表明した。

 「内部の慶祝行事」は、朝鮮人民軍の創設記念日である二月八日に準備している軍事パレードを指すとみられる。五輪開幕前日に当たるため、韓国内で問題視する報道が多かった。

 金剛山での行事では、会場の電力供給のため韓国が軽油を提供する必要があり、韓国メディアは、北朝鮮への経済支援を禁じた国連安全保障理事会の制裁決議に違反する可能性を指摘。北朝鮮はこうした報道を非難した形だ。

 ただ統一省当局者は「行事を開くには北朝鮮の負担が大きかったのではないか」と分析。行事を予定していた金剛山文化会館は、南北の観光往来が途絶えた二〇〇八年以降利用されておらず、施設の老朽化が問題視されていた。

 行事で予定されていたK−POPの公演などの「新たな韓国文化に住民が触れることに、北朝鮮が敏感になった」(文聖黙(ムンソンムク)・韓国国家戦略研究院統一戦略センター長)との見方もある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報