東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

人気過熱 北朝鮮芸術団訪韓へ ソウル公演応募468倍

 【平昌=境田未緒】韓国統一省は二日、九日開幕の平昌(ピョンチャン)冬季五輪に関連し、北朝鮮の芸術団の先発隊が五日に陸路で訪韓すると発表した。北朝鮮が二日夜に韓国側に通知した。開会式を挟んだ日程で行われる芸術団の二回の公演は無料で観覧でき、インターネットでの募集に希望者が殺到。韓国メディアによると、ソウル公演に四百六十八倍、五輪開催地の一つ江陵(カンヌン)市での公演に百四十倍の応募があった。

 統一省によると、公演の名称は「平昌冬季オリンピック・パラリンピック成功祈願 三池淵(サムジヨン)管弦楽団特別公演」とすることで南北が合意。オーケストラ団員八十人を含む総勢約百四十人が訪韓し、先発隊は二十三人。具体的な公演内容はまだ分からないが、北朝鮮側は韓国の歌が多く含まれていると伝えてきたという。

 公演は八日に江陵市の江陵アートセンターで、十一日にソウル市の国立劇場で行われる。観覧希望者は二日正午から三日正午までにインターネットで募集され、ソウル公演二百五十席に十一万七千百二十三人、江陵公演二百八十席に三万九千百九人の応募があった。抽選で決定する。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報