東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

英国人祖先 青い目、黒い肌 1万年前のDNA解析

 【ロンドン=共同】英国の洞窟で見つかった約一万年前のヒトの骨から採取したDNAを解析した結果、現在の英国に当時住んでいたヒトは緑がかった青い瞳で、肌は「浅黒い色から黒い色」だったことが明らかになった。ロンドンの自然史博物館が七日発表した。

 DNA解析に基づかない手法により約二十年前に行われた同じ骨からの復元では、より白い肌だと考えられており、英国内に驚きが広がっている。研究チームは、英国にいたヒトが白い肌になったのは、これまで考えられていたよりずっと後の時代だった可能性があると分析している。

 同博物館と英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのチームは、一九〇三年に英南西部のチェダー渓谷で見つかった「チェダーマン」の遺伝子を調査。チェダーマンは中石器時代の狩猟採集民で、ほぼ完全な形で見つかった人骨としては英国で最も古い。

 解析の結果、チェダーマンの肌には、サハラ砂漠以南のアフリカ人に通常見られるような色素沈着の特色があり、髪の毛は浅黒い巻き毛だった。男性で身長は一六六センチ、二十代とみられる。

 これまでは、ヒトが約四万五千年前に欧州に中東から移動してきて間もなく、ビタミンDの生成に必要な太陽光をより吸収するため白い肌になったと考えられていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報