東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米中、北朝鮮へ圧力継続確認 外交トップが会談

 【ワシントン=後藤孝好】ティラーソン米国務長官は八日、中国の外交政策を統括する楊潔〓(ようけつち)国務委員と国務省で会談した。北朝鮮が平昌五輪に合わせて韓国との対話姿勢を示す中、米中は北朝鮮の核・ミサイル開発を阻止するため、今後も圧力をかけ続ける方針を確認した。国務省のナウアート報道官が明らかにした。

 ナウアート氏は記者会見で「北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁決議に関して、米国は中国がより多くの行動を取ることを期待している」と強調。ティラーソン氏は会談で、北朝鮮船に積み荷の石油精製品を公海上で移し替える「瀬取り」への対応など、国連制裁の厳格な履行を求めたとみられる。

 会談では「両国が公正で互恵的な経済関係を実現する必要性」(ナウアート氏)についても協議した。トランプ米政権は先月、中国を念頭に太陽光発電パネルの輸入を抑制する緊急輸入制限(セーフガード)の発動を決めており、米中の貿易摩擦問題が議題となった可能性がある。

 両氏は閣僚級の外交・安全保障対話の第二回会合を今年前半に開催することを確認した。

※〓は、竹かんむりに、厂(がんだれ)、下に虎

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報