東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

北幹部制裁を一時免除 五輪開会式 安保理、出席認める

 【ニューヨーク=赤川肇】国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会は八日、北朝鮮の崔輝(チェフィ)国家体育指導委員長が九日の平昌(ピョンチャン)五輪開会式に出席できるよう安保理の制裁決議に基づく渡航禁止などの措置を一時免除すると決めた。安保理外交筋が明らかにした。

 免除は韓国が七日に要請し、安保理十五理事国から反対がなかったため認められたという。AP通信によると、韓国は制裁委に「北朝鮮幹部の訪韓は、対話促進と朝鮮半島の緊張緩和を求める安保理の目標と合致する」と主張していた。

 崔氏は二〇一七年六月の制裁決議で、渡航禁止と資産凍結の対象に指定された。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報