東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

文氏反発「内政干渉」 安倍首相の米韓演習要請に

 【ソウル=城内康伸】韓国を訪問した安倍晋三首相が九日、文在寅大統領との首脳会談で、平昌五輪とパラリンピック期間中には行わないことにした米韓合同軍事演習について、パラリンピック終了後には実施するよう求め、文氏が内政干渉と反発していたことが分かった。大統領府高官が明らかにした。

 同高官によると、安倍氏は「五輪以後がヤマ場。非核化に対する北朝鮮の真摯(しんし)な意思と具体的な行動が重要だ」と主張した。その上で「米韓演習を(再び)延期する段階ではない。予定通り行うことが重要だ」と三月のパラリンピック終了後には予定通り実施するよう求めたという。これに対し、文氏は「この問題はわが国の主権と内政に関する問題」とし「首相がこの問題を直接取り上げることは困る」と苦言を呈した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報