東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

「核放棄まで対北政策不変」 米副大統領、圧力継続を強調

 【ワシントン=石川智規】ペンス米副大統領は十四日、首都ワシントンで開かれたイベントで、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への対応について「北朝鮮が核兵器開発を完全に放棄し、それが検証されない限り、米国は制裁による圧力をかけ続ける」と強調。対話の可能性をめぐっては「トランプ大統領はいつも対話の力を信じているが、対話は交渉ではない」と述べた。

 これは、北朝鮮の核開発放棄が果たされない限り、米朝間の実質的な協議や交渉は行わない姿勢を示したもの。ペンス氏は日本や韓国などの同盟国とも「最大限の圧力」をかける方針で一致していると述べた。

 その上で、「もし対話の機会があるとすれば、(核廃絶を求める)米国の考えは確固として変わらないと伝えることになる」と述べた。

 また、平昌(ピョンチャン)冬季五輪で金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹の与正(ヨジョン)氏と会談しなかったことについて「避けたのではなく、無視した」と説明。北朝鮮について「地球上で最も独裁的で抑圧的な国だ」と非難を重ねた。

 ペンス氏は十一日の米紙ワシントン・ポストのインタビューでは「北朝鮮が話したいなら話をする」と述べ、米朝対話の可能性に言及していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報