東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米朝会談 合意していた 五輪開会時 北が直前キャンセル

 【ワシントン=後藤孝好】米国務省のナウアート報道官は二十日、ペンス米副大統領が平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開会式に出席した際、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キムヨジョン)党第一副部長と秘密裏に会談することで事前に合意していたが、直前になって北朝鮮側がキャンセルしたことを明らかにした。

 米紙ワシントン・ポスト電子版によると、会談は十日にソウルの青瓦台(大統領府)で行う計画だったが、北朝鮮側が開始時間まで二時間を切ってから中止を申し入れてきた。ペンス氏が北朝鮮に新たな制裁を科す方針を表明したことや、脱北者らと面会したことに北朝鮮側が不快感を示していたという。

 会談には、米側はペンス氏や国家安全保障会議(NSC)の当局者ら、北朝鮮側は与正氏や最高人民会議の金永南(キムヨンナム)常任委員長らがそれぞれ出席を予定。トランプ米大統領とペンス氏は会談が実現した場合、核・ミサイル開発を強行する北朝鮮との交渉に応じず、米政権の強硬姿勢を伝えることで合意していた。

 ペンス氏はこれまで、韓国で与正氏と接触しなかったことについて、米メディアに「無視した。宣伝工作の責任者で、会うのは適切ではない」と説明。「北朝鮮が望むなら、話し合いに応じる」と直接対話に前向きな姿勢を示す一方、今後も「最大限の圧力」をかける方針を強調していた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報