東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

中国主席が任期撤廃へ 改憲案 習氏の長期政権に道

 【北京=安藤淳】中国共産党中央委員会は二十五日、憲法が規定する二期十年の国家主席と国家副主席の任期を撤廃する憲法改正案を提示した。国営新華社通信が伝えた。二〇一三年に就任した習近平(しゅうきんぺい)国家主席(64)が二三年以降も主席を続投し、長期政権を可能にする布石とみられる。

 改正案は三月五日に開幕する全国人民代表大会(全人代=国会に相当)に上程される。

 現行憲法の七九条第三項は「国家主席と国家副主席は全人代の毎期の任期と同一とする。二期を超えて連続して就任することはできない」と定め、三選を禁じている。党中央委は「二期を超えて」以降を削除し、任期の上限を事実上なくすことを要求した。国家主席と副主席の任期はいずれも一期五年。

 党中央委は、習氏の名前を冠した指導理念「習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想」も憲法に明記するよう求めた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報