東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

米大統領補佐官、来月辞任か 後任にフォード幹部 NBC報道

 【ワシントン=後藤孝好】米NBCテレビは一日、米政府高官がマクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を四月にも交代させることを検討していると報じた。トランプ米大統領と関係が悪化したマクマスター氏を米軍へ復帰させる人事案も浮上し、後任には米フォード・モーターのスティーブン・ビーガン副社長らが挙がっている。

 マクマスター氏は二月、ロシアが二〇一六年の米大統領選に干渉するなどした疑惑「ロシアゲート」を巡って「証拠に議論の余地はない」とロシア政府の関与を強調。それに対し、トランプ氏はツイッターで「大統領選でロシア人の影響はなかった」と不満を表明したほか、安全保障政策でも対立が指摘されていた。

 今回の人事案はケリー大統領首席補佐官とマティス国防長官が調整しているという。ホワイトハウスは声明で「現時点で人事の発表はない」と否定している。

 陸軍中将のマクマスター氏は昨年二月、ロシア疑惑で辞任したフリン氏の後任として就任。米メディアではこれまでも辞任する可能性が取り沙汰されている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報