東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 国際 > 紙面から > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【国際】

韓国特使団、きょう訪朝 正恩氏との会談有無焦点

鄭義溶氏=聯合・共同

写真

 【ソウル=境田未緒】韓国大統領府は四日、文在寅(ムンジェイン)大統領の特使として鄭義溶(チョンウィヨン)国家安保室長をトップに、徐薫(ソフン)国家情報院長ら計十人の使節団を五日に北朝鮮に派遣すると発表した。大統領の親書を携え一泊二日で平壌(ピョンヤン)を訪れ北朝鮮高官らと会談、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談が実現するかも焦点となる。鄭氏らは韓国に戻って報告後、すぐに訪米し、ホワイトハウスに訪朝結果を説明する。

 使節団派遣は、北朝鮮が平昌(ピョンチャン)冬季五輪の際、正恩氏の妹の金与正(キムヨジョン)党第一副部長を特使として派遣したことに応える意味がある。韓国大統領府高官は「朝鮮半島非核化のための米朝対話の環境づくり、南北交流活性化など南北関係改善問題を包括的に論議する」と説明。米国だけでなく日本、中国とも緊密に協議していくとしている。

 徐氏は二〇〇〇年と〇七年の南北首脳会談に携わり、南北問題に精通。鄭氏は米ホワイトハウス関係者と親しく、二人とも先日の文氏と与正氏の会談に同席している。韓国が閣僚級の二人を同時に特使として北朝鮮に派遣するのは初めてという。特使派遣は、非核化に向け米朝対話をどう実現させるかが最重要課題。だが北朝鮮の外務省報道官は三日、非核化が前提の対話は拒否するとの立場を示した。

徐薫氏

写真

 正恩氏との会談が実現すれば、その人物像や考え方を知る機会となるほか、南北首脳会談の実現に向けた論議もあるとみられる。ただパラリンピック後に控える米韓合同軍事演習に対し、北朝鮮がどのような要求をするかで、韓国が難しい立場になる可能性もある。使節団は五日午後、特別機で平壌入りする。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報